円筒状の素材の仕上げに

ホーニング

ホーニングは、回転する砥石を用いて、円筒状の素材の内側を研磨する加工方法です。原則として専用のホーニング加工機を用いて作業を行い、あらかじめ固定した円筒の中に、砥石を取り付けた回転部分を挿入していきます。そして、研磨した際に出る破片を洗い流すと共に、摩擦熱を下げるために油が用いられます。そんなホーニングの研磨力はそこまで高くはないため、主にシリンダーなどの素材を仕上げる段階で行います。また、金属加工で出たバリを取る目的で行われることもあります。そして、スタンダードなホーニングは円筒状の素材の中に回転する砥石を挿入する形ですが、その他にも円盤状になっている砥石や液体を使う場合もあります。もし、円筒以外の素材を仕上げるのであれば、そういったタイプのホーニングを選択しましょう。

高精度かつ高効率

ホーニング

ホーニングは、加工する目的や対象となる素材に合わせて、複数の砥石を切り替えることができます。そして、ホーニング加工機を操作すれば、加える圧力や回転速度などの調整も可能です。そうして、高い精度での加工が行えるため、ホーニングは高い人気を集めます。筒状の素材の内側を加工する方法は他にも色々ありますが、それらと比べても精度が高いため、ホーニングが選ばれることが多いです。特に少しの誤差でも許されない素材の加工を行う場合は、他の方法では対応できない可能性が高いです。また、ホーニングは加工時間が少ないのも強みで、場合によっては1往復のみで済ませられることもあります。そのため、効率的に作業を進めたいという場合にも人気を集めやすいです。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中